メディカルグリーン7つの特徴

メディカルグリーン7つの特徴

患者さんに密着した外来業務

地域密着のマンツーマン出店

メディカルグリーンの店舗の多くは、地域のクリニックの門前に出店しているようなスタイルです。
そのため、クリニックの先生と密に連携し、1枚の処方せんに心をこめて、じっくり患者様と向き合える薬局です。

コミュニケーションを重視した服薬指導

患者様がなんでも安心して相談できる環境づくりのため、コーチングの技術なども活かしたコミュニケーションを実践しております。患者様お一人おひとりの立場にたって、安心をご提供することで、すべてのお客様が笑顔でお帰りになる薬局が私たちのビジョンです。

服薬指導の様子
在宅業務イメージ 無菌調剤室の様子

全国でもトップレベルの在宅業務

在宅業務の老舗企業

介護保険制度が始まる前から在宅業務を始めており、多職種間の横のつながりを作るための「蔵の街コミュニティケア研究会(こみけん)」を立ち上げたり、全国の薬剤師の在宅業務情報の共有をするための「一般社団法人 全国薬剤師・在宅療養支援連絡会(J-HOP)」を立ち上げたりして、全国の在宅業務の普及を牽引してきました。

無菌調剤室の完備

メディカルグリーンでは、栃木県栃木市と真岡市の2店舗に無菌調剤室が完備されており、高齢者や小児患者の在宅医療に必要な高度医療の提供をしています。
先輩社員からの教育やフォローを受けて、若手のうちから調製にチャレンジしている社員もいます。
無菌が出来るようになることで、より幅広い在宅医療への対応が可能になります。

自社保有の介護施設との連携

メディカルグリーンでは、自社でデイサービス、介護付き有料老人ホームの運営をしています。そのため、多職種が薬剤師に求めること、多職種の声を聞く機会が多く、自然な連携づくりが出来るような仕組みになっています。
最初は介護施設に行くのが不安な方でも、非常に取り組みやすい環境ですので、ご安心ください。

地域医療のモデルと言われる地域連携

多職種を巻き込んだ勉強会

「蔵の街コミュニティケア研究会(こみけん)」に代表される地域の多職種の方々の勉強会を薬局・薬剤師が幹事となり、運営しているので、自然と多職種と触れ合う機会が多いです。

地域連携室の設置

薬局本部に地域との連携を推進していく専門部署が設置されており、日々、地域の他職種の方々の声を拾い、薬局として対応できることを模索しています。
地域と薬局の架け橋となり、さらなる在宅事業の発展を目指していきます。

健康フェアの開催

地域の方々の健康を支える薬局になるべく、健康に関する情報提供や講義、ゲームやプレゼントも用意して楽しんでいただいてます。

職場体験やこども薬局の受け入れ

中学生の職場体験やこども薬局など、地域の方々に少しでも薬局の存在、役割を知っていただけるように色々なことに取り組んでいます。

全国講演や視察の受け入れ

地域医療のモデル的存在であるメディカルグリーンは社長を筆頭に各種講演会で多くの情報を発信し続けています。過去には厚生労働省からの講演依頼や台湾からの視察の受け入れも行っております。
それだけ全国的にも注目されている地域連携の現場は、みなさんの成長を加速させていくと思います。

こみけん開催の様子
新しいことへのチャレンジ

新しいことへのチャレンジ

「介護保険制度が始まる前からの在宅医療への取り組み」、「多職種連携コミュニティ(こみけん)の立ち上げ」、「全国での在宅情報共有ネットワーク(J-HOP)の立ち上げ」、「栃木県初の無菌調剤室の設置」、「介護施設の経営」、「保育所の創設」、「コロナから地域の方々を救うためのマスク製造・販売」、「オンラインでの服薬指導」などなど多くのことに取り組んできました。

メディカルグリーンの「グリーン(GREEN)」は、「Good service」「Renewal」「Endless」という3つの言葉の頭文字をとって作った社名です。「医療における最高のサービスを限りなく追及する」ためにチャレンジをし続けるという姿勢はこれからも変わりません。

プロとして成長するための教育・研修制度

様々な研修制度

新人研修、フォローアップ研修、マンスリー勉強会、eラーニング、コミュニケーション研修、ファーマシューティカルコーチング(代表の大澤が提唱している薬剤師向けコーチング技術)研修など様々な教育・研修制度を通じて、成長できる環境を用意しています。

ブラザーシスター制度

新入社員一人ひとりに年次の近い先輩がつき、さまざまな相談に乗ってもらえる環境を準備しています。
仕事上のことはもちろん、私生活のことも含め、どんな小さなことでも相談に乗ってもらえます。
サポートする側の先輩も新人の頃、同じ制度を通して成長してきているので、きっと皆さんの気持を理解してくれるはずです。

学術大会

メディカルグリーンでは、毎年学術大会にも参加をし、日々の業務の成果を発表しています。発表や準備に関して不安な所を先輩社員に相談しながら、発表にチャレンジする若手社員もいます。

年間10万円の認定薬剤師取得支援

認定薬剤師取得するための費用について、年間10万円まで会社が補助します。交通費なども補助の対象になるので都内や関西などで開催されるセミナーへの参加も可能です。

社長フォロー面談の様子 ブラザーシスター制度
社員旅行の様子

働きやすい環境の整備

経営陣との距離の近さ

メディカルグリーンは経営陣との距離の近さが自慢です。 社員の入社後初の誕生日はお花とケーキを社長が持ってきてお祝いしてくれたり、日々、店舗に回って労いの声をかけてくれたりします。その際に何かあれば相談にも乗ってくれます。
また、介護施設や保育園でのレクにも積極的に参加されていたり、店舗を回って来られる時に社長が誰よりも一生懸命トイレ掃除をされる姿には驚かされます。

社員同士の仲の良さ

メディカルグリーンの薬剤師は、新卒から入社している社員が多いです。社員同士の仲が良く、働きやすい職場環境であることから離職率が低いのも特徴です。
他にも、会社で大事にしている価値観をクレドという形でまとめてあったり、社内の交流を促すサークル活動などがあることも仲の良いポイントです。

「一流に触れよう!」の旅

メディカルグリーンでは、「一流のサービスを提供するには、自分達が一流のサービスに触れる必要がある」と考えています。そのため、社員旅行は、世の中の一流の場所を社員が考え、そこに訪れ、存分に一流のサービスを味わい、それを実務に活かしています。

サークル活動

薬局は店舗同士が独立し、店舗同士の交流が少なくなってしまうことがあるため、メディカルグリーンでは社内コミュニケーションを促進するため、複数店舗から3人以上が集まる場合、交流会費として一人につき月2,000円まで支給されるという制度を設けています。
スポーツをするも良し、一緒に食事をするも良し。何に使うかは社員さんにお任せしています。

多くの講演、パブリシティ掲載実績

メディカルグリーンや栃木の地域連携の取り組みは全国的に見てもモデルとなるような内容が多くあります。そのため、多くの講演依頼(年間50回以上)、パブリシティ掲載実績があります。社長の大澤のものが多いですが、今では多くの社員が育ってきており、講演、雑誌掲載、TV取材などを受けるようになってきています。

講演資料

メディカルグリーンの福利厚生

表彰の様子

表彰(永年勤続表彰、優秀社員表彰)

年に一回、会社全体での会議の場で、優秀社員の表彰を行なっています。

勉強会の様子

資格取得費用補助

認定薬剤師を取得するための費用について、年間10万円まで会社が補助します。交通費なども補助の対象になるので都内や関西などで開催されるセミナーへの参加も可能です。

社員旅行の様子

「一流に触れよう!」の旅

メディカルグリーンでは、「一流のサービスを提供するには、自分達が一流のサービスに触れる必要がある」と考えています。そのため、社員旅行は、世の中の一流の場所を社員が考え、そこに訪れ、存分に一流のサービスを味わい、それを実務に活かしています。

家賃補助制度イメージ

家賃補助制度

家賃5万円までは85%を補助する制度です。
お部屋は会社が借り上げます。
例)家賃5万円 会社補助額:42,500円 自己負担:7,500円

誕生日お祝いの様子

誕生日お祝い

入社初年度の誕生日には、社長からお花とケーキの プレゼントがあります。

育児休暇イメージ

産前産後・育児休暇

原則として産前6週間、産後1年間の休業を取得できます。

保育所イメージ

保育所の設置

自社で働くパパ・ママ薬剤師や地域で働く方々をサポートするために立ち上げた保育所「ちびっこランド」。地域の方々にも、働く人にも安心してもらえる場の提供を目指しています。

健康診断イメージ

健康診断・健康ドッグ

年に1回健康診断を受けることができ、40歳以上になると人間ドッグを受けることができます。

勤務中のイメージ

制服貸与・クリーニングサービス

制服はすべて貸与しますし、週1度のクリーニングもすべて会社持ちで行なっています。

予防接種イメージ

インフルエンザ予防接種

全額会社負担でインフルエンザの予防接種を年に1回受けることができます。

局内の様子

各種保険加入

健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険だけでなく、皆さんが安心して働いていただけるよう薬剤師賠償責任保険にも加入しています。

局内の様子

退職金制度

3年以上勤務していただいた方に規定に基づいて退職金を支給しています。